稲荷山松吟寺(しょうぎんじ)は、茨城県で唯一の臨済宗大本山東福寺(京都府)派寺院です。
 昭和の時代には、電球を吊るしてつかっておりました。その名残で今は、ライトアップしています。現役で使っている井戸です。昔と違い今は飲料水としての可能性が低い場所のみ水を供給しております。ちなみに墓地の近くにある水場の水道は、飲料水として使う方もあるため市の水道水で賄っております。