2015年6月30日

お城やお寺でよく見かける窓です。吊り鐘のようにも見えますが、火炎の形をしているので「火灯窓(かとうまど)」と言います。花の形にも見えるので「華頭窓」とも言われております。