Open
臨済宗東福寺派 稲荷山松吟寺の公式ホームページです。

稲荷山松吟寺(しょうぎんじ)は、茨城県で唯一の臨済宗大本山東福寺(京都府)派寺院です。

施設概要

松吟寺本堂
本堂では、法要・葬式・諸行事を主に行います。本堂正面には御本尊「十一面観世音菩薩」が安置しております。

松吟寺御本尊画像松吟寺御本尊画像
本 堂                             御本尊                

松吟寺本堂画像本堂梁


松吟寺位牌(開山堂内)
開山堂では、御開山「聖一国師」の木像を中心に歴代祖師方の御位牌、御檀家様各家先祖代々の御位牌が祀られております。
松吟寺開山堂正面画像松吟寺開山堂天井絵画像

当山の稲荷尊天は、御開山「聖一国師(しょういちこくし)」が宗より帰国後、自ら霊神三体の形像を刻まれた御神体「茶枳尼天宇賀神王尊(だきにてんうがじんわうそん)」の内の一体を鎮守(ちんじゅ)として安置したものであり、故に山号を「稲荷山」となっています。当山の他にも臨済宗大本山東福寺と博多の承天寺(じょうてんじ)に守護神として安置されております。
稲荷堂内の御厨子は2010年、主に屋根部分の修復を行いました。
常陸大宮松吟寺御厨子左画像常陸大宮松吟寺稲荷御厨子常陸大宮松吟寺御厨子右画像

 山門のすぐ横に「お地蔵さま」があります。暑い日も雨の日も雪の日もお寺を訪れた方を見守ってくださっているお地蔵さまです。毎年、2月の初午と併せて地蔵供養を行っております。千本旗を奉納し、お札を授かります。
松吟寺水子地蔵松吟寺六地蔵


松吟寺客殿内

当山では、主に法事や家族葬等の待機、その他多目的に御檀家様にご使用いただいております。

客殿入口客殿入口